北大定期戦を終えて

            2017.7.3     

 

 

こんにちは、硬式野球部です!

昨日7月2日は伝統ある行事、硬式野球部北大定期戦が行われました。

午前はOB戦、午後は現役戦でしたが、

大変大勢の方が応援に駆けつけてくださり、また両校の応援団も太鼓を打ち鳴らしながら盛大に応援してくださり大変盛り上がりました。

試合結果はこちらです。→試合結果

また、以下は講評です。

 

樽商大は初回、四球で出たランナーを相手5番打者の適時打、犠飛などで返され4失点。しかし2回先頭の杉本が安打で出塁し、6番奥山の2点本塁打で2点を返す。さらに3回にも安打で出塁した2番途中がワイルドピッチで生還し一点差に迫る。その後は先発城池から継投した栗林が好投を見せ6回まで無失点に抑える。しかし七回に安打に3つの失策が重なり2失点。8回にも押し出し四球と適時打で3点を追加される。打線も4回以降は散発の4安打と北大投手陣を攻略できない展開が続く。9回に代打攻勢で満塁のチャンスを作るもこの回も無得点で結局9対3で敗北した。

 

結果はOB戦・現役戦ともに負けてしまいましたが、商大野球部はこれからも努力を重ね、来年の定期戦に向けてパワーアップしていきます!

午前の蒸し暑さから急激に冷え体力が奪われる中最後まで応援してくださったOBの皆様やご家族の方々、応援団の皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!

OBの方々はこの春卒業した方から70歳の卒業生の方まで来てくださり、中には定期戦前日から応援に来てくださる方もいて商大野球部の縦の繋がりを強く感じました。

これからも硬式野球部の応援をよろしくお願いいたします!

 

定期戦の後は恒例の北大樽商合同の打ち上げをすすきの居酒屋「グランド富士」で行いました。

フレッシュな一年選手によるネタ披露もあり大変盛り上がりました!

 

北大と樽商の親睦がさらに深まった会となりました。

 

下の写真は定期戦の様子です。3・4枚目は本塁打を放った2年奥山君