春季リーグ戦1節2日目&3日目               2017.5.8     

 

 

こんにちは!硬式野球部です。

 

春季リーグ戦も一節3戦を終え、初戦の敗北から気を取り直し、2戦目、3戦目と連勝することができました。残りの試合もこの流れに乗って更なる勝利を目指します!

試合結果は以下の通りです。

 

2日目第三試合 対札幌国際大学 →試合結果

以下は講評です。

樽商大がリーグ戦1勝目。0-0のまま迎えた3回、先頭打者板野の二塁打をきっかけに打者一巡の猛攻により6得点。また1点を失った5回には相手のミスにも乗じ、4点を追加。突き放すことに成功する。終わってみれば7安打で10得点を挙げての大勝。投げては先発瀬川が毎回ランナーを背負いながらも内野ゴロを量産し大量得点を許さず、粘りのピッチングを見せ7回2失点の好投。敗れた国際大は守りのミスからリズムを崩し、投打に精彩を欠いた。

 

3日目第二試合 対北海道科学大学 →試合結果

以下は講評です。

 樽商大が2連勝。2点を追う6回の裏、ここまで不振にあえいでいた先頭途中に初ヒットが生まれ、2アウト2.3塁から7番板野のタイムリー内野安打により一挙同点とする。1点を失った7回、相手のエラーにより出塁した立花を3番途中の犠飛により再び同点とする。同点のまま迎えた8回、1アウト満塁のチャンスで9番杉本が決勝打を放つ。投げては先発小出が5回2失点の力投を見せ、好リリーフを見せた二番手瀬川が2勝目。敗れた北科大は先発菅原が7回3失点の好投を見せていたが8回に力尽きた。

 

強い雨風でとても寒い中応援にきてくださった皆様、ありがとうございました!

次の試合は5月13日(土)第三試合 対札幌大谷大学戦、栗山町民球場にて14:30試合開始予定です。引き続き応援よろしくお願い致します!!