春季リーグ戦2節6日目~8日目            2017.6.06       

 

 

こんにちは、硬式野球部です!

とうとう春季リーグ戦2節が閉幕しました。

 

6日目は札幌学院大学、7日目は札幌国際大学、8日目は北海道科学大学との試合が行われました。

試合結果はこちらからご覧ください。→試合結果

以下は講評です。

 

6日目~対札幌学院大学

樽商大の先発は城地。

城地は学院大に先制点を許さず、樽商大は途中、奥山、板野の安打はあったものの得点にはつながらない。

両者0-0で延長戦を迎えた11回の表。

8回の表にリリーフで登場した樽商大瀬川が2連打を許し一失点。反撃がしたい樽商大板野の安打、続く澤田の四球で一・二塁になり、杉本の適時二塁打で一得点。ここで同点に追いつく。さらに田中のサヨナラ打によりこの回樽商大二得点でサヨナラ勝利。

1節のリベンジを果たすことができた。

 

7日目~対札幌国際大学

樽商大の先発は瀬川。

両者一歩も譲らず0-0のまま迎えた6回の裏、樽商大は対戦相手の二連打を浴び先制点を許してしまう。

その後も国際大は単打を重ね、四球によりさらに一失点。この回樽商大は2点失う。

7回の表、樽商大途中が四球で出塁し、田中が死球と続き指名打者沼田の安打により満塁に。樽商大のチャンスで立花が再び四球を選び一得点。

しかし7回の裏、国際大も攻撃の手を緩めない。樽商大はここで小出がリリーフで登場するも四球を許し、さらに二塁打を浴び一失点。

8回の表樽商大は八番工藤の安打など、出塁はしたものの得点をとることができず、敗北を喫した。

 

8日目~対北海道科学大学

樽商大の先発は城地。

迎えた3回の表、樽商大は澤田が相手の失策により出塁し、杉本の安打、工藤の内野安打、奥山の適時二塁打で一得点。さらにこの日初スタメンの中山が三塁打を放ち、続く板野の二塁打等、樽商大の連続長打により、なんとこの回八得点、一気に樽商大の流れに。

しかし4回の裏、北科大に二塁打を浴び、犠飛により一失点。さらに5回の裏、単打と失策を重ねて許し対戦相手に三失点してしまう。8-4で迎えた6回の表、樽商大田中が死球で出塁その後三者連続四球により押し出し一得点、なお満塁。

ここで中山が適時打を放ちこの回三得点。ここまで11-4。7回の表、杉本、工藤と連続二塁打により樽商大がさらに一得点。

樽商大は合計15安打となり、最後まで勢いを止めず7回コールドで勝利を収めた。

 

たくさんの応援ありがとうございました。

これからも小樽商科大学硬式野球部の応援よろしくお願いいたします!