春季リーグ戦 1節4日目&5日目                      2017.5.14

 

 

こんにちは、硬式野球部です!

 

先日春季リーグ1節を終え、小樽商科大学は2勝3敗の4位で折り返すこととなりました。

4日目、5日目の試合結果は以下の通りです。

 

4日目第三試合 対札幌大谷大学

試合結果

樽商大が大谷大に対し、1-8で大会規定により7回コールド負け。2回の表、6番工藤、7番板野の連打によりチャンスを作った樽商大は9番杉本のレフト前タイムリーにより幸先よく先制する。しかし初回を無難に3者凡退に相手打者を抑えた樽商大の先発瀬川が、2回の裏、先頭打者に2塁打を許した後味方のミスも重なり4点を献上してしまう。その後も効率よく得点を重ねた大谷大の先発投手は尻上がりに調子を上げ、樽商大に反撃の余地を与えなかった。打撃陣も四球などで出塁するが、後続の打者が走者を返すことができず、残塁が目立った。樽商大はそのまま相手投手を攻略することができず、コールド負けを喫した。

 

 

5日目第二試合 対北海道教育大学岩見沢校

試合結果

樽商大は初回失策と連続四球で招いたピンチで適時打を浴び2点を先制され、続く2回またもピンチで失策と相手の本盗などにより3点を失い序盤で5点を追いかける展開。3回からは城地が先発小出の後を受け6イニングを1点に抑える好リリーフを見せる。反撃したい打線は8回2死から連打でチャンスを作り9番斎藤の左前適時打で1点を返し、さらに9回代打起用に応えた上野、中山がチャンスを作り5番奥山の右前適時打により2点を返しなおもチャンスで7番沼田の犠飛により1点を返すも反撃はここまで。樽商大は終盤粘りを見せるも序盤のビハインドが響き連敗となった。

 

 

4日目5日目を勝利で収めることはできませんでしたが気持ちを切り替えて、また2節に向けて練習に励んでいきたいと思います!

また、OBOG、保護者の皆様をはじめとしてたくさんの皆様の応援が大変励みになりました。

ありがとうございました。2節も引き続きご声援の程宜しくお願い致します。