地区大会第一回戦、二回戦!!           2017.7.14       

 

 

こんにちは!

硬式野球部です!

 

7月8日(土)、9日(日)に行われた、北海道地区大学体育大会の結果をお知らせします。

 

第一回戦は北海道教育大学札幌校との試合でした。

試合結果

 

以下は講評です。

 

樽商大の先発は栗林

栗林は初回から相手打線を三者凡退に抑える好調の立ち上がりを見せた。

樽商大の初回の打線は先頭打者の工藤、4番奥山、5番立花の3安打もあり2点を先制した

栗林はその後も被安打1本で5回までを無失点に抑た。

続く打線も明村の左中間二塁打や6番立花、7番板野の連続打もあり5回までに6点を獲得した。6回から登板した吉川は7回に本塁打を浴びるものの3回を投げ2失点に抑えた。

樽商大の打線は8回、Ⅰ番工藤、2番途中が連続四球を選び、続く早川の二ゴロ併殺をとられ二死三塁となるも、8回から途中出場の奈良の二ゴロが失策、決勝打となり8回9ー2をもって勝利をおさめ、2回戦に駒を進めた。

 

樽商大は見事初戦を勝ち抜くことができ、第二回戦に進みました!

 

翌日、第二回戦は室蘭工業大学との試合でした。

試合結果

 

以下は講評です。

 

初回から四球とタイムリーで先制される苦しい展開だったが、三回に工藤、中山の四死球でチャンスを作り、奥山の左前打で逆転、しかし、5回、6回に立て続けに2点をとられ逆転を許す。4回、5回に三者凡退に打ち取られていた商大打線は、中山の死球から代打熊谷、奥山が四球を選び、立花の中犠打で同点に追いつく。続く板野が左二塁打を打ち逆転、守備がもたつく間に板野も生還し、一挙4点をあげた。7回から登板した小坂は、立ち上がりは良くなかったものの、ピンチをしのぎ、点数を与えなかった。

 

選手の活躍により第二回戦も勝利でき、見事準決に進むことができました!

炎天下の中北大まで応援に来てくださった皆さん、ありがとうございました。

引き続き応援の程、宜しくお願い致します!

明日の準決勝も32度と大変暑い予報なので、日除けと水分補給に気をつけてお越しください!